トップページ > 相続 > 遺言相続の問題

遺言相続の問題

遺言相続でお悩みのあなたへ~終活の大切さ~

遺言相続に関するお悩みは様々です。弁護士に相談する問題なのか、税理士に相談する問題なのかとついつい、敷居の高さで相談が遅れてしまいがちになります。

例えば、大切な方のために遺産を残そうと遺言書を書く場合に、まず何から始めたら良いのか分からない方がほとんどだと思います。
実際に遺言の内容を決める際も、どうやったら自分の遺産を争いが起こりにくい形で分配できるか、ということは法律の知識が必要不可欠です。
残された大切な方々へ向けて時間をかけて考えて作成する遺言が法的に無効なものになってしまわないように、遺言がもとで相続人の方々に争いが生じてしまわないように、遺言を作成する際には一度専門家の弁護士に相談することをお勧めします。

また、自分に万が一のことがあった場合に自分の事業を息子に継がせたい(事業承継)、というような思いがある方は、遺言などの方法によって、今のうちから万が一の事態に備えておくこともできます。

「終活」の形は様々考えられますが、その一環として遺言作成でお悩みのあなた、是非一度弁護士にご相談下さい。

一方、亡くなられた方からの相続でトラブルになってしまったという相続人の方もいらっしゃると思います。

相続は法律的な部分で問題になることはもちろん、ご遺族の感情面で問題になることがとても多く、ご自身でトラブルに対処するのが大変負担だという方が多くいらっしゃいます。
弁護士を間に入れることによって冷静な話し合いができるようになったり、裁判などの必要な手続きを弁護士に任せて負担を減らしたり、ということができます。

相続に関する問題でお悩みの方は、相続問題に強いみずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)の弁護士にご相談下さい。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ