トップページ > 誹謗中傷 > 解決手段について

解決手段について

誹謗中傷行為に対し有効な対策をとろう!

書込み者の特定、削除請求、損賠賠償などの解決方法

名誉棄損行為に対しては、どのような方法がとれるの?

風評被害が発生した際の損害は、請求できるの?

誹謗中傷、名誉棄損行為を受けた被害者からするとこのような疑問が出てくると思います。

これらの行為に対しては、まず書込み者に責任を追及するために、書込み者の特定を行うことが考えられます。

また、書込内容について、削除請求を行う方法もあります。

さらに、書込み者に対し、個人や法人に風評被害や、名誉棄損より、生じた精神的被害や経済的被害に対し、損害賠償請求を行うことが考えられます。

当事務所では、一般の法律事務所では把握していない、2チャンネル(5チャンネル)、ホストラブ、FC2などの掲示板の運営会社を把握しており、迅速な書込者の開示請求や削除請求、損害賠償請求が可能です。

下記の各コンテンツでは、具体的に、書込み者を特定したい場合、書込みの削除をしたい場合、損害賠償請求をしたい場合の各場合について解説をしています。

 

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ