トップページ > 債権回収 > 債権回収の悩み・問題

債権回収の悩み・問題

効果的な債権回収の対応をとりましょう!

債権回収をするためには、取引開始前からの担保設定などの事前対応、売掛金などの支払期日が経過した後の対応方法、裁判に備えた相手方の財産の仮差押えや、訴訟の提訴や、勝訴判決による強制執行など様々な回収手段があります。

可能な限り早期に、スムーズに、回収するのが好ましいですが、相手方の対応や資産状況によっては、裁判や、勝訴判決に基づく強制執行もやむを得ない場合もあります。

もっとも、強制執行が効果をあげるためには、相手方が財産を持っている必要があるため、裁判をする前には、担保設定や仮差押などで相手方が財産を保全する必要もあります。

債権回収は、様々な方法のなかから効果的なものを選択すべきですが、その内容や方法が難しい場合が多いため、弁護士に相談することをお勧めします。

取引開始前にどのようなことを注意をすれば良いですか?

取引開始前に、相手方の資産状況や取引の内容など(取引の期間の長さ、商品などの代金の金額の多寡など)を踏まえて、債権回収のための適切な事前防止策を考える必要があります。

例えば、事前に債権の未回収を防止するための内容を盛り込んだ契約書を作成することや、相手方に資産がある場合には、車両や機械など動産、工場などの不動産、取引上の債権を担保に設定したり、連帯保証人の設定をするなどの方法があります。

取引内容や相手方の資産状況などに注意し、適切な方策をとることが大事です。

支払期限を過ぎても支払ってくれない場合は?

取引先と交渉して、早めの債権回収を行う必要があります。

「早く支払って欲しい」というだけでは何の解決もなりません。

取引先との間で、新たに準消費貸借契約を締結したり、公正証書を作成したり、保証人を新たに付けるなど具体的な対応が必要です。

契約書で担保をとっているなら、担保権の実行が考えられます。

場合によっては、財産保全の仮処分や裁判の提訴なども行う必要があります。

効果的な債権回収の手段や方策は?

効果的に債権回収を行うには、取引の開示前か後か、相手方の資産状態や取引の規模などに併せて、適切な対応策をとることです。

大きく分けると、次の3パターンが考えられます。

1、 支払期限が到来した後の債権回収(訴訟や強制執行など)

2、 相手方の資産を事前に保全しておくこと(財産の仮差押えなど)

3、 取引開始前に、契約書や担保設定で、債権回収のための事前防止策をとること

いずれも、様々な方策があるので、弁護士に相談することをお勧めします。

 

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ