トップページ > 交通事故について > 問題解決の流れ > 後遺障害等級認定手続き

後遺障害等級認定手続き

後遺障害等級認定手続きは、保険会社ではなく、「弁護士へご依頼」を!

後遺障害等級認定手続きとは

交通事故で、怪我や傷害をおったけれど、「首や腰の痛みが治らない。」、「記憶低下や性格変化が生じた。」、「目がよく見えない。」、「耳が良く聞こえない」、「身体に麻痺が残った。」などの問題を抱えて、自分でどうしら良いか、分からずに、苦しんでいる方は多いです。

このような、怪我や精神疾患が,治療によってこれ以上、大きく改善しない状況を「症状固定」と言います。

例えば、頸椎捻挫で6か月間治療をしたが、これ以上治療しても大きな改善がない状況になった場合を「症状固定」、交通事故で、頭部挫傷、脳出血などにより、1年間の治療を続けたが、性格や人柄が変わった、知能が落ちた、話が通じない(コミュニケーション力の低下)などの状態が改善しない状態も「症状固定」と呼びます。

症状が固定した場合、身体に「後遺症」が残るわけですが、この後遺症については後遺障害等級認定手続きを、自賠責調査事務所へ行うことで、自賠責から保険金が下り、あなたの身体や精神に残った後遺症、後遺障害の被害を金銭で保証してくれます。

また、後遺障害等級が認定されると、加害者や加害者の保険会社に対し、後遺障害慰謝料(後遺症、後遺障害を負ったことによる精神的苦痛に対する賠償金です。)、後遺障害逸失利益(後遺省や後遺障害により、働けなくなったことによる将来の労働損害に対する賠償金です。)が賠償がなされます。

この後遺障害等級認定手続きで、後遺障害の等級が認定されるか否か、後遺障害等級が何級に認定されるかにより、自賠責からの保険金や、相手方から賠償される損害賠償金額は、100万円単位から1000万円単位で変わります(後遺障害の等級は「1級」から「14級」まであり、1級が最も重く、14級が最も軽い後遺障害です。)

そのため、後遺症、後遺障害が残った場合には、「後遺障害等級認定手続き」を行うことが必要不可欠です。

交通事故による後遺症、後遺障害の問題でお悩みの方は、みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)へご相談下さい(電話相談:011-280-8888、メール:相談日予約フォーム)。

交通事故の後遺症、後遺障害に強い札幌の弁護士が、最適な方法と迅速な対応をさせて頂きます。

 

後遺障害等級認定手続きを弁護士へ依頼するメリット

後遺障害等級認定手続きは、自賠責保険対し、加害者の任意保険会社が行う方法(これを「加害者請求」と言います。)と、被害者側の法で行う方法(これを「被害者請求」と言います。)の2種類の方法があり、いずれを選ぶかは、被害者の自由です。

実務では、多くの場合、加害者側の任意保険会社が、被害者の病院への治療費の支払いから、症状固定の手続き、後遺症が残った際の後遺障害等級認定手続(加害者請求)を行うことが多いです。

しかし、加害者請求の場合には、被害者に「行為障害等級が認定されない。」、「本来より軽い後遺障害等級が認定される。」という不都合、弊害が発生する可能性が高いです。

被害者の相手方である加害者の任意保険会社が、加害者請求を行った場合に、不都合、弊害が生じる理由には、一般的に次の理由が挙げられます。

1 被害者に重い後遺障害等級が認定されると、保険会社から被害者に高い損害賠償金の支払いをしなければならない。
2 後遺障害等級認定手続きは、医学的知識が極めて高く要求されるところ、加害者の保険会社の担当者に、そのような高度な医療知識の教育はなされていない。
3  加害者の保険会社に、被害者のために、後遺障害等級の重い等級を獲得するための努力が必ずしも期待できない。

そこで、後遺障害等級手続きを、被害者自身で行う被害者請求に大きなメリットがあります。

具体的に、被害者が後遺障害等級認定手続きを自分で行うのは大変なため、弁護士に依頼し、被害者請求の手続きをとります。

弁護士が、被害者請求を行うと、被害者に重い後遺障害等級が認定される可能性が高くなりますが、その理由としては、次のような理由を挙げられます。

1 弁護士は、被害者の代理人であり、被害者のために全力を尽くすこと。
2 弁護士は、高い法律等の知識があり、後遺障害等級認定手続きに強いこと。
3 弁護士は、後遺障害等級認定手続き(自賠責保険制度)を実務運用を熟知していること。
4 弁護士は、被害者に重い後遺障害等級を認定の結果、被害者の損害賠償額を増加させる目的で、この手続きを利用すること。

ご自分の体の症状が、症状固定となった場合には、弁護士に後遺障害等級認定手続きをご依頼下さい。

交通事故による後遺症、後遺障害の後遺障害等級認定手続きに強いみずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)へご相談下さい(電話相談:011-280-8888、メール:相談日予約フォーム)。

交通事故に強い札幌の弁護士が、最適な方法をご提案させて頂きます。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ