トップページ > 不動産問題 > 問題解決の流れ > 裁判

裁判

話し合いで解決できない場合は、裁判で。

裁判手続きによる解決方法

民事訴訟とは、債権トラブルなどに関する訴訟のことであり、債権者と債務者の話し合いでは解決できない場合に解決の最終手段です。
可能であれば話し合いによる紛争解決が好ましいですがそのような解決ができない場合もあります。そのような場合にするのが訴訟です。
訴訟には、裁判費用がかかったり、時間や手間もかかってしまうなどの問題もあります。
特に、債務者に支払能力が無い場合は、回収の見込みが薄く費用倒れになることもあります。
また、訴訟をしている間に、相手方の財産が流出していまい、勝訴判決を取得しても回収ができないこともありえます。

民事訴訟(裁判)とはどのようなものですか。

民事訴訟とは、債権トラブルなどに関する訴訟のことであり、債権者と債務者の話し合いでは解決できない場合に解決の最終手段です。
債権者と債務者の間で紛争が発生したとき、可能であれば話し合いによる解決が好ましいです。
しかし、必ずしもそのような解決ができるとは限りません。
そこで、お互いに主張や証拠を出し合い、裁判官がどちらの主張が正しいが判断してもらうという訴訟をすることになります。
訴訟は必ずしも判決という結果にはならず、和解が成立する場合もあります。

デメリットはないのですか

訴訟を提起すると、裁判費用がかかったり、時間や手間もかかってしまうなどのデメリットもあります。
特に、債務者に支払能力が無い場合は、回収の見込みが薄く費用倒れになることもあります。
また、訴訟をしている間に、相手方の財産が流出していまい、勝訴判決を取得しても回収ができないこともありえます。
そのような場合に備えて、訴訟提起前に仮処分の申立を行うことも考えられます。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ