トップページ > 相続

相続

相続・遺言などの問題、お一人で悩まず弁護士にご相談ください。

1、遺言相続問題について

超高齢化社会と言われる現在、「終活」といった言葉も聞かれるようになりましたが、北海道、札幌でも、相続や遺言書、遺産分割などの相続問題が増えています。

「遺言書を作成したいがどのような内容を書いてよいかわからない。」、「自分に万が一のことがあった場合に自分の事業を息子に継がせたい。」、「遺産分割を進めたいが他の相続人と上手く話がつかないが、どのようにすればいいのか分からない。」、「遺言書の内容では、相続人である自分が一切、相続財産を相続できない内容だった。」などの問題に悩まれたり、どの人に相談したらいいか、悩まれている方は多いのではないでしょうか?

例えば、父は生前、長男に全財産を相続させるといっていたが、遺言書がなく(遺言書の問題)、事業を長男が単独で経営しようとしたところ、母と次男がこれに反対し、母と自分の相続分の請求を次男にしてきたと(遺産分割遺留分の問題)いうのは問題は、非常に難しい問題となります。

このように相続は、内容が法律的に複雑だったり、煩雑であったりすることが多いため、ご自身でその問題を解決することは、非常に労力と負担がかかります。

また、相続問題は、法律問題であるため、弁護士に相談するのが適した問題です。

当事務所は、弁護士の他に税理士、司法書士が在籍し、相続問題、遺言問題に非常に強い法律事務所です。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、小さな遺産相続問題から大きな遺産相続問題まで、お客様一人一人のお悩みに対し、親身で丁寧な対応をさせて頂きますので、弁護士にお気軽にご相談下さい(電話:011-280-8888相談日程予約フォーム

遺言相続の解決方法について

1、相続問題には、渡す側と渡される側の2つの解決方法に分けられます。

相続問題は、非常に内容が多く、多種多様です。

相続問題は、大きくわけると、財産を残す人の側の問題と財産を受け取る側の問題に分かれます。

財産を渡す側の人の問題は、誰にどのような財産を渡したいのか、どのような内容まで書くことが出来るのかという「遺言書」の問題です。

財産を渡される側の問題は、残された財産をどのように分けるのかの問題(遺産分割の問題)、自分の名前が遺言書に載っていない時にどのようにしたら良いかという問題(遺留分の問題)が大きな問題となります。

遺言書、遺産分割、遺留分の相続問題でお悩みでしたら、相続問題に強い札幌の弁護士【みずほ綜合法律事務所】へご相談下さい(電話:011-280-8888、メール相談日予約フォーム:24時間受付)。

2、渡す側の解決方法

相続財産を渡す側の人は、主に「遺言書」の問題に集約されます。

当事務所は、「遺言書を書かない時に誰にどのような割合で相続財産が配分されるのか」、「遺言書でどのようなことまで書けるのか」、「遺言書はどのような形式で書いたら良いのか」を、分かりやすく丁寧に説明させて頂きます。

そして、お客様が、「誰に遺産を渡したいのか」、「どのようなことを遺言書を書きたいのか」など、お客様のご希望を丁寧に聞き取り、そのお気持ちを汲んで、最良のな内容の遺言書の提案をさせて頂きます。

遺言書の作成に長けた札幌の弁護士【みずほ綜合法律事務所】が、お客様お一人お一人のために、丁寧な説明と親身な聞き取りにより、最良の遺言書を作成させて頂きますので、お気軽にご相談下さい(電話:011-280-8888、メール相談日予約フォーム:24時間受付)。

3、渡される側の解決方法

財産を渡され側の問題として良くあるのが、相続財産の分け方の問題(遺産分割の問)と、遺言書に相続人の自分の名前が載っていない場合の問題(遺留分)の問題があります。

遺産分割の問題は、「どのような方法で相続財産を分けられるのか(遺産分割の方法)」、「どのような財産を選ぶべきか」、「介護や事業の手伝いなどをした貢献はで財産は増えるのか(寄与分)」、「先に学費や結婚式などで財産を貰っている相続人の取り分は減らないか(特別受益)」などの様々な問題を含みます。

また、遺言書に本来、貰えるはずの自分の名前が書いていないなどの場合(遺留分の問題)は、速やかに処理をしないとあなたに残された最低限の財産を貰う権利(遺留分減殺請求権)を行使する期間(2年)が消滅してしてしまいます。

これらのう相続問題は、法理的に複雑なため、当事務所にご相談頂ければ、お客様のご希望をお聞きし、最良の解決策をご提案させて頂きます。

遺産分割、遺留分の処理に長けた札幌の弁護士【みずほ綜合法律事務所】が、お客様お一人お一人のために、親身な聞き取りにより、お客様の遺言、相続問題に最適な解決策と迅速な対応を提供させて頂きますので、お気軽にご相談下さい(電話:011-280-8888、メール相談日予約フォーム:24時間受付)。

その他の相続問題について

相続問題には、「遺言書」、「遺産分割」、「遺留分」の問題の他にも、「相続人調査」、「相続財産調査」、「遺言執行人」、「事業承継」 、「成年後見人」、「遺言信託」 など様々な相続問題がありますが、当事務所は、遺言相続問題に強い法律事務所であるため、安心してご相談下さい。

また、相続問題は、相続税や、相続財産の調査に際しては、相続財産が多い場合や、企業の代表者の場合は、税理士に相談することも必要です。相続をした土地などの相続登記の際は司法書士、相続した土地や建物、株価の評価が難しい場合は、公認会計士の協力も必要です。

みずほ総合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、司法書士、税理士、公認会計士、土地家屋調査士などの相続の専門家と連携し、各専門家の紹介から、各専門家と連携し、あなたの相続問題を解決します(電話:011-280-8888、メール相談日予約フォーム:24時間受付)。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ