トップページ > 離婚について > 離婚が認められる場合について > 悪意の遺棄

悪意の遺棄

夫婦は互いに協力して共同生活を送る義務があります。

悪意の遺棄とは

悪意の遺棄とは、例えば収入がなくなったなど特別な事情がないのに生活費を渡さない場合や、共同生活を放棄して勝手に家を出て一人暮らしをするような場合です。
夫婦にはお互い助け合って共同生活を送らなければならないという同居・協力義務が定められていますので、たとえ経済的援助を続けていても正当な理由なく家を出てしまうだけでも悪意の遺棄にあたり、「離婚原因」になります。

別居と悪意の遺棄との関係

離婚を考えておられる方の多くはまず別居を検討されることと思います。
ですが、正当な理由のない別居は「悪意の遺棄」(離婚原因)になるため、相手の暴力から逃れるためなどの合理的な理由なく、勝手に家を出てしまうと、離婚の条件の財産分与や慰謝料の金額で不利益を被る可能性もあります。

そのため、離婚をする場合であっても、別居は、お互い冷静に考える時間を作るためなどの理由で、別居することが望ましいといえます。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ