トップページ > 債権回収 > 債権回収の方法 > 期限を過ぎた場合

期限を過ぎた場合

支払期限を過ぎた売掛金を早く、スムーズに回収する方法

弁済期限を超過した売掛金は、本来、早く・スムーズに回収すべきです。売掛金の回収に時間と費用をかけていては、せっかくの利益も消えてしまいます。裁判となった場合でも、時間が経過していまい、結果として回収できなくなる場合も少なくありません。また、そのような取引先は他にも債権者がいる場合が多く、債権の引当となる財産を先に回収されてしまい、何にも残らないこともあります。早く・スムーズな売掛金回収のためには、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

債権回収は「早さ」が重要!

売掛金の回収に時間をかけてしまうと、取引先が倒産してしまうと回収ができなくなる危険性があります。また、そのような取引先は他にも債権者がいる場合が多く、債権の引当となる財産を先に回収されてしまい、何にも残らないこともあります。そのため、債権回収は早さが大事なのです。

判決取得後に強制執行をするのでは遅い!

取引先が売掛金を任意で支払ってくれない場合、裁判を起こして判決をとり、そこから強制執行をかけるなどの手続が必要となります。しかし、裁判をした場合、判決まで数ヶ月以上かかることがよくあります。また、裁判と強制執行は別手続きのため、判決を取得しただけでは意味がなく、強制執行を別途申し立てする必要があります。このような手続を踏んでいては時間がかかってしまい、回収すべき財産も散逸してしまうおそれが出てきます。

スムーズに回収のためには。

スムーズな回収をするためには、取引開始時にに担保をつけておいたり、訴訟によらないで強制執行をできるようにしたりなど、事前の準備が重要となります。これらの方法は専門的な法律知識が必要となる場合もありえますので、まず弁護士に相談することをおすすめします。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ