トップページ > 会社の借金について > 会社整理・再建の方法

会社整理・再建の方法

会社の倒産問題について悩んでいませんか?

会社の整理から再建の方法

会社の倒産は、経営者にとって非常に辛いことです。会社の倒産を自覚しながらも1人で苦しんでいる経営者は少なくありません。しかし会社の倒産にあたり、何をなすか(会社破産・民事再生・会社整理)によって、経営者の今後の生活は変わります。

会社の倒産に際して処理方法を間違うと、会社の従業員・取引先・債権者・代表者の家族にまで、とてつもない大きな負担・迷惑をかけてしまいます。

会社の倒産の処理方法としては、民事再生・会社破産・会社整理の途があるのですから、倒産の際にはこれらを弁護士に依頼することを強くお勧め致します。

仮に民事再生や会社破産・会社整理をとらず、経営責任を感じ、経営の自転車操業を継続すると、代表者や関係者には最悪の結果が待っています。

しかし会社が倒産しても、会社の民事再生が可能であれば、事業や雇用・取引先・債権者が守られます。

また、会社破産・会社整理が可能であれば、従業員の未払給料や取引先の引継、一定の債権者の保護が可能です。

会社が倒産しても従業員・取引先・債権者・代表者・代表者の家族には次の生活があるのですから、倒産の危険を感じられたら1人で悩まれずに当事務所へ気軽にお電話下さい。

会社の借金、倒産の危険を感じた場合は、みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)へご相談下さい。

倒産問題に詳しい弁護士が、親身な立場で、経営者の皆様に最適な方法をご提案させて頂きます。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
23年の実績を持つ弁護士が、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ