トップページ > 交通事故について > 問題解決の流れ > 裁判

裁判

裁判で交通事故の被害を最大化しましょう。

後遺障害等級認定手続きや、示談交渉が不調に終わった時などに、一般的に民事訴訟(裁判)を提訴します。

交通事故の裁判の際は、示談交渉の際に実務上、損害項目から除外される弁護士費用(実務基準では、被害額の10%)と遅延損害金(被害額に対し年5%の利息)を入れて、裁判を提訴します。

交通事故の裁判では、後遺障害認定手続きで、低い等級しか認定されなかった場合、過失相殺に争いがある場合、示談交渉の慰謝料や休業損害が過小な場合など、それらを被害者の方に有利な認定を求めて行います。

裁判は、一審(地方裁判所)と二審(高等裁判所)とに分かれ、一審の裁判に不満が残れば、二回目の裁判の二審へ進行することが可能です。

ご自分の後遺症の被害についての後遺障害等級認定結果や、保険会社の示談交渉案に不満がある場合は、弁護士に依頼し、裁判を提訴することをお勧めします。

交通事故の裁判のご相談は、交通事故の裁判に強い札幌の弁護士【みずほ綜合法律事務所】へご相談下さい。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ