トップページ > 刑事事件TOP

刑事事件TOP

あなたやあなたのご家族が逮捕された!直ぐに弁護士にご相談を。

刑事事件について

もし、ある日突然、あなたやあなたのご家族が逮捕されてしまったら・・・あなたがまずすべきことは何でしょうか。

それは、何よりもまず、弁護士に相談することです。

刑事事件、特に逮捕などの身柄拘束が伴う刑事事件は、短期間のうちに手続がどんどん進行していきます。例えば、あなたがお仕事をされていて長期間の身柄拘束によって職を失う可能性があるという場合は、早急に弁護士を見つけて、身柄拘束からの解放のための活動をしてもらう必要性が特に高いといえます。

万が一の時には、できる限り直ぐに弁護士にご相談下さい。

ご相談に対し、弁護士が迅速に弁護活動をさせて頂きます。

刑事事件は早めの対応が肝心です。

刑事手続では、逮捕から最初の数日で、その後10日から最大20日程度の身柄拘束(「勾留」といいます。)をされるか否かが決まってしまい、一度勾留されてしまうと、この状態を解消するのは、容易ではなくなります。そのため、早めの対応が肝心なのです。また、万が一勾留されてしまったとしても、裁判になり前科がついてしまうことを避けるために、勾留中の10日から20日程度の間に、迅速に様々な活動を行うことが重要となります。

任意の取り調べ、逮捕、勾留などの場合は、専門家の弁護士にご相談下さい。

刑事事件に伴う不利益を最大限に回避・軽減することを目指します。

例えば、身柄拘束を受けた場合、失職してしまわないか不安だ、という心配は多いと思います。特に、公務員や一部の国家資格では刑罰の言い渡しを受けたことが欠格事由となり職を失うことになります。この場合は、裁判を回避し不起訴処分を目指して弁護活動を行うことになります。
このような失職などの不利益を最大限回避または軽減するためには、刑事事件に強い札幌のみずほ総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。

豊富な刑事事件の解決経験を基に、刑事事件に伴う不利益を回避するために、告訴取り下げ、不起訴処分、起訴猶予などを獲得すべく、弁護士が迅速な刑事弁護活動をさせて頂きます。

刑事事件の中でも、特に力を入れて取り組んでいる分野があります。

刑事事件の中でも、特定の犯罪(例えば、飲酒中の事故、痴漢(条例違反、強制わいせつ)、児童ポルノなど)については、特に力を入れて取り組んでいます。

刑事事件の分野でも、弁護士により得手不得手の分野があります。

刑事事件でお困りの場合は、当事務所へ早急にご相談下さい。

 

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ