トップページ > 不動産問題

不動産問題

不動産問題、トラブルでお悩みなら札幌の弁護士にご相談下さい。

北海道や札幌で増加する不動産問題・トラブルについて

北海道、札幌では近年、不動産に関する問題が増えています。札幌への人口集中に伴うマンションや住宅の建設ラッシュにで生じる問題(欠陥住宅や瑕疵物件、日照権、眺望権、境界や通路などの相隣関係などの問題)、不動産価格の上昇に伴い増加する不動産トラブル(説明と異なる、代金の支払いがされない、明け渡しなど)、賃料物件(賃貸建物)に関する賃料増減額問題。

マンションの老朽化に伴う大規模リフォームや、過去に建てた建物の瑕疵、不動産需要に伴う建物の明け渡し、土地買収や公共団体による不動産収容など、不動産問題は耐えることがありません。

日常的な問題では、例えば、「中古マンションを購入したら雨漏りがする」、「新築マンションに杭が不足するなどの基礎の瑕疵(契約不適合)があった」、「賃貸している建物の賃料の支払いをしてもらえない、明け渡しに応じて貰えない」、「改築工事をしようとしたら隣の敷地への立ち入りを拒否された」、「サブリースしていたマンションのサブリース料・賃料の値下げを要求された」、「地価が上昇したので家賃(賃料)を増加させたい」、「利回りの保証がされている賃貸不動産について現実の利回りが異なる」、「マンションの住人が管理費や修繕費を滞納する」、「農地を賃貸したいが農家ではない」、「空き家のリスクを何とかしたい」、「隣地(隣人)との間で、境界・騒音・駐車・敷地の出入りなどで揉めている」など、不動産は、日常に密接に関連する問題のため、非常に多種態様です。また「地震に伴う建物や土地などの損傷が地震保険や火災保険の対象となるか」、「近くの火災爆発で家が損壊した場合、加害者に修理してもらえるか」。

また、新型コロナの関係で閉店店舗や賃料の未払い者などに対し、立ち退きや明け渡しをしてほしい、コロナの影響で資金繰りが悪化していることを契機に家賃の見直しをして欲しいとの相談が増加しています。

このように、日常的に存在する、このような不動産問題も、一旦、トラブルに巻き込まれてしまうと、その内容や法律関係は複雑であり、また、当事者同士の話し合いでは、感情的な対立になりやすいのも、不動産問題の特徴です。

不動産に関する問題やトラブルは、弁護士に相談することをお勧めします。

不動産問題・トラブルに関する問題は、不動産問題に強い【みずほ綜合法律事務所】(札幌弁護士会所属)にご相談下さい。みずほ綜合法律事務所は、20年以上の豊富な解決実績を有する不動産問題に強い弁護士が対応します。複雑な事案に対しては、司法書士・家屋調査士・不動産鑑定士・一級建築士などと連携したワンストップ、ノンスットップの高い解決力であなたの問題を迅速に解決させて頂きます(電話:011-280-8888、メール相談日予約ォーム:24時間対応)。 

不動産問題

様々な不動産問題・トラブルについて

不動産問題、不動産トラブルは、実に様々です。

購入したマンションや建物などの不動産の瑕疵(欠陥)、欠陥住宅、賃貸している建物の明け渡し(立ち退き)・賃貸に関する問題(賃貸建物の明け渡し、賃料回収、敷金の清算、賃料の増額交渉、賃料の減額交渉、定期借家契約)、サブリース物件の賃貸建物の賃料の増減額交渉、隣地立ち入り、境界等の相隣関係、マンション管理組合の管理費・修繕積立金の滞納、管理規約の変更、マンションの大規模修繕、農地の売買・借用・転用、空き家の管理・処分など対応、土壌汚染、大規模土地開発、土地や建物の収用など不動産問題は、多種多様です。

このような不動産問題、不動産トラブルの解決には、専門的知識と経験のある弁護士に相談することが重要となります。

不動産問題・トラブルに関する問題は、不動産問題に強い【みずほ綜合法律事務所】(札幌弁護士会所属)にご相談下さい。みずほ綜合法律事務所は、20年以上の豊富な解決実績を持つ不動産問題に強い弁護士が、司法書士、家屋調査士、不動産鑑定士、一級建築士などと連携したワンストップ、ノンスットップの高い解決力であなたの問題を解決させて頂きます(電話:011-280-8888、メール相談日予約ォーム:24時間対応)。

マンション問題①

不動産問題・トラブルの解決の仕方

不動産のトラブルの解決方法には、交渉、仮処分、調停、裁判などの方法があります。

不動産問題の解決方法には、交渉、仮処分、民事調停、裁判などの解決方法があります。

例えば、緊急性を要しない不動産トラブルで、当事者間での協議が不十分であれば、弁護士が代理人として交渉し、交渉にによる協議解決が考えられます。建物の明け渡し、賃料回収、騒音問題、管理費や修繕積立金の回収などの事案で緊急性を要しない場合です。

これに対し、緊急性を要する事案については、仮処分が必要です。騒音問題や、日照権の問題で、緊急を要する場合には、建築差し止めの仮処分を検討するべきです。

サブリースや賃貸不動産の賃料の増減の交渉には、民事調停が適しています。

欠陥住宅(家の傾き、雨漏り、構造耐力不足など)や欠陥マンション問題(杭が不十分による基礎の瑕疵:契約不適合など)については、一般的には裁判が解決方法として多いですが、当事務所では、交渉や調停、あっせん手続きによる早期解決実績が多数あります。

不動産に関する問題は、事案毎に適宜、必要な対応をとることが重要です。

そのような判断は、専門的知識と経験を積んだ弁護士に相談することをお勧めします。

不動産問題・トラブルに関する問題は、不動産問題に強い【みずほ綜合法律事務所】(札幌弁護士会所属)にご相談下さい。みずほ綜合法律事務所は、20年以上の豊富な解決実績を持つ不動産問題に強い弁護士が、司法書士、家屋調査士、不動産鑑定士、一級建築士などと連携したワンストップ、ノンスットップの高い解決力であなたの問題を解決させて頂きます(電話:011-280-8888、メール相談日予約ォーム:24時間対応)。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
20年以上の実績を持つ弁護士が、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ