トップページ > 弁護士のご紹介

弁護士のご紹介

事務所ご挨拶

みずほ綜合法律事務所が、札幌の大通と札幌地方裁判所の正面に設立されたのは、平成20年のことです。

法律事務所の場所を、札幌の場所に選んだのは、お客様が四季により変わる札幌の大通公園の風景を眺めて不安や緊張を安らげて頂きたいこと、弁護士がお客様のために、直ぐに札幌裁判所へかけつけられるようにとの思いからでした。

弁護士・司法書士は、お客様、クライアントに対し、信頼と安心のできる法律サービスを提供できるよう、日々の学習から、おもてなしの対応を心がけております。

企業の方にとっては、札幌は、北海道の経済の中心地をなし、全国的にも、札幌は、経済の重要な拠点として、東京、大阪、福岡などの主要な経済都市や地域と密接な関わりを持った都市です。

北海道や札幌は、IT,生産、観光、農業や漁業などの食など、様々な分野で、日本全国や海外へ経済や文化を発信する先端都市に発展しました。

この経済に関わる我々、弁護士は、各専門分野の法律サービスを提供するだけではなく、個人や企業などのお客様のご相談やご依頼を解決していく過程で、札幌の経済的発展に貢献したいと考えております。

言葉を「言霊」(ことだま)のように大切に扱うのが弁護士の仕事と考えております。

大切な恩師から、いつも笑顔で「人を助けたければ、知識を身につけなさい。」という言霊を受け、「大丈夫だよ。」「出来るよ。」と、笑顔で育てられた、我々、弁護士は、その言霊を大切にしております。

みずほ綜合法律事務所は、1人1人のお客様に、笑顔で、安心と信頼の法律サービスを提供させて頂きます。

森谷 瑞穂【弁護士】

登録年月

平成12年10月 札幌弁護士会登録

出身

北海道滝川市

札幌弁護士会の委員会歴

2001年度 消費者保護委員会 市民モニター運営委員会  司法改革推進本部
2002年度 業務改革委員会 業務広告調査委員会 市民モニター運営委員会
2003年度 同上
2004年度 法律相談運営委員会 市民モニター運営委員会 司法改革推進本部
2005年度 住宅紛争に関する委員会 紛争解決センター運営委員会 司法改革推進本部 日本司法支援センター準備本部
2006年度 紛争解決センター運営委員会 日本司法支援センター準備本部
2007年度 照会申出審査委員会 会報委員会
2008年度 非弁護士取締委員会 司法制度調査会
2009年度 常議委員 司法制度調査会 司法改革推進委員 日本司法支援センター審査委員
2010年度 憲法委員会 司法改革推進委員会 司法改革推進本部 司法制度調査会
2011年度 憲法委員会 司法改革推進本部
2012年度 人権擁護委員会 選挙管理委員会 札幌弁護士会協同組合
2013年度 人権擁護委員会 選挙管理委員会
2014年度 知的財産委員会
2015年度 司法改革推進本部

好きな言葉

私の好きな言葉は、恩師の言葉の「人を助けたければ知識を学びなさい。」という言葉です。弁護士になりたての際に、恩師より受けたこの言葉のとおり、15年にわたり、様々な勉強を重ねてきました。恩師の言葉は、「力なき正義は無力なり。」を弁護士の業務に重ねた言葉で、法律を知ること、社会を知ること、人を知ることで、多くの会社や個人のお客様に、満足の高い仕事を提供してきたと自負しております。今後もお客様に対し、質が高く迅速な仕事を提供させて頂きます。

担当分野

学校、病院、歯科、建築会社、ゼネコン、不動産会社、マンション管理組合、IT会社、システムプログラム会社、通信会社、運送会社、引越会社など、非常に多数の業種の顧問弁護士を務めています。法人の企業に向けては、契約書の作成、就業規則の作成、労務管理など全般、債権回収、コンプライアンス指導、税理士資格に基づく税務指導、税務訴訟、事業再生、会社新設、会社分割、事業承継、M&A、会社整理、会社破産、民事再生、不動産開発、不動産信託、不動産問題全般などを、個人のお客様に対しては、特に交通事故の示談、裁判、特に高次脳機能障害の後遺障害認定に(被害者側のみです。)、相続、債権回収、離婚、不動産の明け渡し、建物やマンションの欠陥の瑕疵の訴訟、相隣関係、賃料交渉、刑事事件などの業務を行っております。

広く、他士業と交流を深め、常に関連士業の最先端情報を取り入れ、多くの法律を学び、経済的分野については書籍や講演など、法律と経済の関わりを把握し、現在、起きている法律問題を解決するだけではなく、これから生じる法律問題に対し、事前に傾向と対策をたてることを常としております。

お客様のニーズを素早く理解し、かつ、正確な仕事を提供することを基本に業務をさせて頂きます。
お客様から信頼を得られる仕事を提供すること、お客様の笑顔を見ることができるような仕事をさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

甲野 裕大【弁護士】

登録年月

平成26年2月 札幌弁護士会登録

出身

埼玉県所沢市

札幌弁護士会の委員会歴

2014年度 犯罪被害者支援委員会 災害対策委員会
2015年度 同上
2016年度 同上

好きな言葉

私の好きな言葉は「やろうと思えば、人間はたいていのことができると私は思っている。」です。
「ホンダ」こと「本田技研」の創業者である本田宗一郎氏の言葉です。
日々の業務を行う中には、非常に難解な分野や難解な法律があり、あるいは、解決が困難な問題があります。
そのような難しい問題に直面しても、「できると信じて最善を尽くしてやってみる」という姿勢が重要だと考えています。

担当分野

離婚や労働問題などの一般民事事件、家事事件のほか、刑事弁護事件を取り扱っております。
個人のお客様のお悩みは実に様々ですので、特定の分野に捉われることなく幅広い分野に対応できることを目指しています。

お客様へ

お客様のご心情に配慮しながら、そのご要望に真摯に向き合い、少しでもお困りごとやご不安を解消することが弁護士である自分自身の務めであると考えております。

弁護士というと固いイメージもあり、ご相談の際には、敷居が高いと感じてしまう部分もあるかもしれませんが、ご依頼に対し誠心誠意対応することを心がけておりますので、お客様の率直なご不安やお悩みをお気軽にご相談いただければと思います。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ