トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

Q. 裁判所から訴状が届いたら相談した方が良いですか?

裁判所からの訴状には、あなたの反論を、法律的な用語で、戦略的に書く必要があります。また、必要な反論証拠の提出や尋問など手続きは、一般の人には難しく、専門家の弁護士に依頼する必要性が高いです。                      裁判所から訴状が届いたら、弁護士に相談することを強くお勧めします。

Q.訴訟(裁判)を提訴したいが相談できるの?

裁判(訴訟)の提訴は、勝訴することを目的に、訴状の作成、証拠の準備などを行う必要性があります。 何度も書面での反論を繰り返し行うため、一般の方がこれを行うことは非常に難しいと思われます。訴訟(裁判)を提訴したい場合は、一度、専門家の弁護士へご相談下さい。

Q. 相談したいのですが、予約は必要ですか。

事前に電話またはホームページのお問い合わせフォームからご予約をとっていただいております。                         電話による場合は、ご都合の良い日時を調整させて頂きます。即日相談も可能です。

Q. 相談・依頼に紹介は必要ですか。

ご紹介の必要はありません。
ご紹介者がいらっしゃる場合は、その旨をお伝えください。

Q. 駐車場はありますか。

申し訳ございませんが、専用駐車場はございません。
近くにコインパーキングがございますのでご利用ください。

Q. 電話やメールでご相談できますか?

初回のご相談につきましては、直接お会いすることが必要です。

Q. 相談に行く際には、資料やメモは持っていったほうがよいのでしょうか。

契約書や領収書などの資料があれば、ぜひお持ちください。
また、簡単なメモをお持ちいただくと短時間で効率的な法律相談が可能です。

Q. 費用はどの段階から発生するのでしょうか。

法律相談の場合は、法律相談の開始時に発生します。
30分単位で、個人3000円(消費税別)、法人や事業者は4000円(消費税別)となりますで現金にてお持ちください。

Q. 相談者のプライバシーは守られますか。

相談内容について外部に漏れることはありませんので、安心して相談をお受け下さい。

Q. 家族や知人などと一緒に相談に行ってもいいですか?

ご同行して頂いて構いません。また小さいお子様がいらっしゃる場合もご同行して頂いて構いません。
但し、次の場合はご相談された方の利益を損なうおそれがありますのでご注意ください。

  • ・ご同席頂く方に知られたくないことがある
  • ・トラブルとなっている相手方がご同席される場合
  • ・ご同席頂いた方と利害対立する可能性がある場合

Q. 相談をするには本人でないとだめですか?代理での相談はできますか?

ご本人からでなくてもご相談はお聞きできます。
ただし、事案の内容を的確に把握するためにもできる限り当事者ご本人の法律相談をお勧めします。
また、事件を受任する際には、あらためてご本人にお越しいただくことになります。

Q. 裁判に勝った場合、弁護士費用は相手方に払わせることができますか?

弁護士費用は相手方に払わせることはできません。
交通事故や犯罪被害の場合に一定の金額を弁護士費用相当額として上乗せして請求する場合がありますが、必ずしも実際の弁護士費用とは合致しません。

Q. 事件を依頼した場合、どのくらいの時間がかかりますか?

事件は必ず相手方があり、相手方の対応によっても異なるため、一概には言えません。
裁判になれば、裁判が開かれるのは1~2か月に1回であるため、さらに伸びてしまいます。
当事務所では、事件の迅速な解決が依頼者の皆様の利益に適うことが多いという観点から、迅速な解決を目指しています。

Q. 費用のクレジットカードでの支払いはできますか?

クレジットカードは取り扱っておりませんので、ご相談料などの費用は現金またはお振込みでお願いしております。

Q. 相談を録音することはできますか?

大変申し訳ありませんが,録音はご遠慮していただいております。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ