トップページ > 消費者被害 > 消費者被害の個別ケース > BSA代金請求

BSA代金請求

BSAからの代金請求にお困りではありませんか?

BSAからの代金請求に対する対応

BSAというソフトのライセンスを管理している機関やその代理人弁護士からの代金請求が突然来て、対応に困っている経営者や起業の方は多いのではないでしょうか。

BSAは、ソフトの不正使用や不正ライセンスの使用を理由に、その調査や判明した代金の賠償を求めてくるものです。

多くの企業や個人の方は、BSAからの書類や請求内容を十分に理解できず、または、どのように対応したら良いか分からないなどの理由で、BSAに対し、誤った(不適当)な回答や対応を行い、その結果、本来支払う必要がなかった金銭や賠償金の支払いを自主的にされているケースが増えています。

ソフトやライセンスの不正使用や金額が正しければ問題はありませんが、多くの企業で意味が理解できない、調査をしない、調査が不十分なまま、BSAに誤った(不適当)な回答や、やり取りをし、実際には支払い義務のない金銭(賠償金)を支払っている事例が散見されます。

「面倒だ。」「分からない。」などの理由で、不正確な回答をせずに、当事務所にご相談下さい。

調査内容から適切な回答を貴社の代わり行い、不正確な申告を防ぎ、支払う義務のない金銭(不正ライセンス使用料、不正なソフトの利用代金)の支払いを防止致します。

【みずほ綜合法律事務所】では、ライセンス契約やソフト内容などを的確に調査し、BSAに対する請求の過大な支払防止に効果を挙げていますので、BSAからの請求の対処にお困りの方は、お気軽にご相談下さい(電話:011-280-8888、24時間相談予約フォーム)。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
23年の実績を持つ弁護士が、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ