トップページ > ブログ > 食べログ|運営会社に賠償命令

ブログ

食べログ|運営会社に賠償命令

企業法務独占禁止法

飲食店情報サイト「食べログ」で評点を不当に下げられ客が激減したことを理由に飲食店(焼肉屋)が運営会社に損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は約4000万円弱の賠償を運営会社に命じました。

私も飲食店選びの際に参考としている「食べログ」について、評点がどのような評価方法(システムのアルゴリズム)によるのかは分からず、このような情報は通常、機密情報として外部に開示されることはありません。

今回の裁判では当事者に限り、アルゴリズムが公開されたようです。

訴訟では、アルゴリズムの変更について、独占禁止法が禁じている差別的な取り扱いや、優越的地位の乱用に該当するか否かが主要な争点となりました。

裁判所は、食べログのアルゴリズム変更の変更について、食べログが取引上の地位が優越していることを利用し、正常な商慣習に照らして不当に相手方に不利益になるように取引を実施したものであり、独占禁止法上の不公正な取引方法を用いたものと認定し、「優越的地位の乱用」に該当すると評価し、アルゴリズムの変更と関係性の認められる営業損害の賠償を命じました。

インターネット上には無数の評価制度がありますが、そのほとんどの評点方法の仕組み(アルゴリズム)は、明確ではなく意図的なもの、広告主に有利なもの、何ら基準のないものなど評点方法がブラックボックスとなっているものが大半です。

今回の判決により、ネット上の評価制度について評価の基準や採点方法などについて公開や透明性を可能な限り事業者の方で図ることが強く期待されます。

このような食べログなどの評価採点にお悩みの方や、優越的地位の濫用や独占禁止法違反でお悩みの企業は当弁護士事務所へお気軽にご相談下さい

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
23年の実績を持つ弁護士が、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ