トップページ > 交通事故について > 問題解決の流れ > 示談交渉

示談交渉

示談交渉は、弁護士へ依頼頂くとほとんどの事案で増額します!

示談交渉とは

交通事故の「示談交渉」とは、交通事故による損害について、示談案を増額させるため、保険会社と交渉を行うことです。

保険会社は、示談交渉の基準に保険会社の内部基準(*1)を提示してきますが、弁護士はこれに対し、裁判基準(*2)で示談交渉をするため、示談交渉の結果、ほとんどの事案で示談額は増加します。

保険会社は、交通事故の交渉能力に長けているため、交通事故の被害者本人が保険会社と示談交渉をしても、被害者本人の交渉経験は保険会社ほどにないため、逆に疲れる、時間労力が増え、示談額は余り増額しません。

保険会社と示談交渉が決裂した場合、裁判という方法をとれますが、その際は、裁判の場合は、示談交渉における損害項目に弁護士費用(一般的に被害額の10%)と遅延損害金(被害額に交通事故の発生日から支払日まで年5%で発生する利息)の科目が追加されるため、保険会社は、裁判にならないよう、弁護士との示談交渉で譲歩する。

このように、弁護士が被害者の代理人として交渉をすると、ほとんどの事案で交通事故の示談交渉は増額するため、慰謝料、休業損害などの示談交渉の問題は、交通事故に強い札幌の弁護士【みずほ綜合法律事務所】へご相談下さい。

*1 保険会社の内部基準とは、各保険会社の内部で定められている基準で、保険会社毎に異なります。         *2 裁判基準とは、一般的に赤本(東京弁護士会作成の交通事故の参考書籍)や青本(日本弁護士連合会が作成する交通事故の参考書籍)を参照にしたもので、多くの裁判所で実務的にこのよな運用がなされています。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ