トップページ > 顧問弁護士 > 契約書

契約書

契約書の作成・添削は顧問弁護士へご依頼を!

契約書の作成・チェックの必要性

「多くの企業では、契約書を作成していない」、「相手方の会社の会社が作成したものを使っている」、「契約書を自社で用意したいが、ノウハウがない」という会社でお悩みはでないでしょうか。

契約書は、家に例えれば、契約書自体が家の基礎であり、契約書の内容がその家の仕様です。

契約書がないというのは、家でいえば、家の基礎がないようなものであり、とても危険です。

また、契約書の内容を確認、チェックをしないことは、家の仕様を気にせずに家を建築するようなものです。

このように契約書を家に例えた場合、契約書の作成をしない、契約書の内容を見ないということはないでしょう。

しかし、契約書は、法律的な問題や解釈が多いため、契約書の作成や相手方から来る契約書の確認は、弁護士に相談することをお勧めします。

特に自社で顧問契約をしている顧問弁護士がいれば、その業界の内容や、会社の志向に従って、契約書の作成、添削、加除修正などの作業をしてくれるため、非常に効率的で、ビジネスの継続的発展を支える基礎となります。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、インターネット関連、スポーツ・タレント会社、不動産会社、建設会社、介護施設、出版会社、食品会社など極めて多くの業種の顧問弁護士として、契約書の作成、添削、加除修正を行っております。

契約書の問題でお困りなら、札幌の顧問弁護士【みずほ綜合法律事務所】へご相談下さい。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ