トップページ > ブログ > パートやアルバイト|社会保険は入れるのか?

ブログ

パートやアルバイト|社会保険は入れるのか?

労働問題

パートやアルバイトなど正社員でない場合に、社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険)に加入してないことが多々あります。

使用者や従業員の方のなかには、パートやアルバイトは、社会保険に加入する必要がないと勘違いされていることがあります。

また、パートやアルバイトの方が社会保険に入りたいと考えても、人件費(賃金+社会保険料)が増えるので会社で入らせてくれないということがあります。

社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険)は将来の備えですので、加入できるものであれば加入しておきたいものですが、次のような場合には、加入がそもそも法律上、義務付けされています。

(1)健康保険、厚生年金保険・・・・以下の全てを満たす場合はパート、アルバイトでも加入義務があります。

①所定労働時間が20時間以上。②賃金が月額8万8000円以上。③雇用期間の見込みが1年以上。④学生ではないこと。⑤勤務先の従業員数が501人以上。

(2)雇用保険の加入義務・・・ 次の2つの条件を満たす場合には、パート・アルバイトでも加入義務があります。

①所定労働時間が週20時間以上。② 雇用期間の見込みが31日以上。

備えあれば憂いなしと言いますが、社会保険に入りたいけれど会社が加入させてくれないなどのでお困りの場合は、労働基準監督者などへご相談頂くのが良いかと思います。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
20年以上の実績を持つ弁護士が、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ