トップページ > ブログ > 地震保険について

ブログ

地震保険について

北海道東部胆振地震

地震保険(地震保険に関する法律)とは、地震・噴火・津波、これらを原因とする火災・損壊などによる損害を補償する保険です。

通常の火災で起きたこれらの損害は、火災保険では補償されず、地震保険でしか補償されず、また、地震保険は、基本的には火災保険とセットでなければ保険に加入できません。

地震保険は、地震が発生した際に発生する損害が莫大であるため、政府と民間で共同運営されており、保険料・補償内容などは同じですので、地震保険の適用除外例(例えば、事務所用途の建物は、保険適用外です。)や補償限度額(基本的には建物は5000万円、家財道具は1000万円などです。)などに注意し、加入することに注意をして頂ければ、どの保険会社で加入しても基本的に変わりはありません。

今回の北海道東部胆振地震で、火災保険に付帯して加入できる地震を原因とした保険金請求の相談がありますが、火災保険に付帯するものは、補償内容や補償限度が低く、実際に地震による被害が出た場合には、余りに心もとない補償制度のため、地震保険に入ることを強くお勧めします。

また、地震保険に加入していても、事務所用途の建物は地震保険の対象外など、適用除外のケースが沢山あるためこれらについての注意や、実際に地震が起きた際は大量に保険金請求が行われるため、早期に請求手続きを進めないと、必要な保険金が必要な時期に入ってこないなどの問題が起こります。

地震保険金や火災保険金など保険金の請求などでお困りの方は、お気軽に当事務所へご相談ください。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ