トップページ > ブログ > 海賊版サイト誘導(リーチサイト)への規制と罰則

ブログ

海賊版サイト誘導(リーチサイト)への規制と罰則

企業法務著作権

ネット上で、著作権者の同意なく違法に、テレビ動画(映画、ドラマ、アニメなど)のコンテンツを提供する海賊版サイトがあります。

これが著作権法に反し違法であることは明白ですが、そのこような海賊版サイトへつながるリンクをネット上に張る行為(これを「リーチサイト」といいます。)が著作権法に違反しないとする法的解釈が多数でした。

しかし、文化庁はリーチサイトは、海賊版へネット利用者を誘導し、著作権者の権利侵害を助長・拡大させる著作権侵害行為であると考え、著作権法の改正がなされる見込みです。

改正案の内容は、リーチサイトにリンクを張る行為者やリンクを削除をできるのに放置をしたに者に対し、民事や刑事上の処分を課すことを主なものとします。

この著作権法の改正により、今後、このような海賊版サイトの自主的縮小や、著作権者らによる改正著作権法に基づく行為で海賊版サイトの減少が見込まれます。

一般の人でも気軽に、著作権侵害のコンテンツをアップロードする行為が散見されますが、それに加担する行為(海賊版サイトへ誘導するリンクを張る行為)も、今後、刑事処罰や民事の賠償責任を負うため、著作権に対し、十分な意識をする必要があります。

今後、自撮りなどのコンテンツにおける著作権問題にも、このような議論が増加していくものと思われます。

著作権の問題なら、お気軽に当事務所へご相談下さい。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ