トップページ > 顧問契約について > 契約書

契約書

契約書の作成、確認などで、会社の事業を守りましょう!

顧問契約で契約書の見直しを

「多くの企業では、契約書を作成していない」、「相手方の会社の会社が作成したものを使っている」、「契約書を自社で用意したいが、ノウハウがない」という会社でお悩みはでないでしょうか。

契約書は、会社の事業を支える土台であり、契約書がないことに起因する紛争は、最終的には、法律に基づき裁判所が判断を下しますが、勝敗という大きなリスクを負うことになります。

また、契約書があるとしても、不利益な条項(契約の相手方のみに解除事由が定められていたり、相手方のみに有利な違約金の定めなど)は多く、また、契約書として不足している事項(守秘義務条項、機密保持条項、個人情報保護条項等)など、その他にも契約書には、確認、改善すべき点は多々あります。

顧問契約を締結した顧問弁護士がいれば、その業界の内容や、会社の志向に従って、契約書の作成、添削、加除修正などの作業をしてくれるため、非常に効率的で、ビジネスの継続的発展を支える基礎となります。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、インターネット関連、スポーツ・タレント会社、不動産会社、建設会社、介護施設、出版会社、食品会社など極めて多くの業種の会社と顧問契約を締結し、契約書の作成、添削、加除修正を行っております。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)の弁護士は、顧問契約をして頂いた企業、会社に対し、契約書の添削、加除修正、や新たな契約書の作成などの適切なご提案を迅速に提供させて頂いております。

一度、弁護士との顧問契約をご検討下さい。

「安心」と「信頼」をお客様へ。

みずほ綜合法律事務所(札幌弁護士会所属)は、個人や会社のお客様の法律相談を受け、
弁護士がその悩みを解決し、地元である北海道、札幌へ貢献するよう努めてまいりました。
これらからも我々、弁護士は、お客様の悩みや相談に最適な法的サービスを提供してまいります。

ページの先頭へ